消費者金融の利用時に注意したいことは?

キャッシングコンビニに設置されているATMは、チェーン店ごとに異なります。消費者金融のキャッシングサービスは、全てのATMに対応しているわけではありませんので注意が必要です。大手の消費者金融の場合でも、系列店でなければサービスが利用できないこともありますので、どこのコンビニならば利用可能なのかについては、あらかじめ調べておくと良いでしょう。また、大手ではない消費者金融業者の場合にはコンビニのATMと提携をしていない可能性もあるので注意してください。キャッシングにおけるこの他の注意点としては、ATMの利用手数料がかかるサービスもあるという点が挙げられます。業者によっては追加融資の時やATMを利用した返済の時に利用手数料が発生することがあります。こちらについても、提携されているコンビニと一緒に調べておくと良いでしょう。

大手の消費者金融業者では、ATMの利用手数料も無料なことが多く、また提携しているコンビニも大手で多数の店舗を持っているチェーンであることが多いです。初めてキャッシングを利用する場合には、使い勝手の良さを考慮しても、大手のサービスを利用しておくと安心です。契約の手軽さ、融資の受けやすさ、審査の通りやすさと、近年の消費者金融は進化しています。


審査期間も短く、最短即日のサービスもある!

キャッシングのサービスを提供しているのは、消費者金融業者と銀行の2つがあります。消費者金融系、銀行系という2つのキャッシングにはそれぞれ利点がありますので、サービス選びのために特徴を覚えておくと良いでしょう。

銀行まずは消費者金融系のサービスの特徴について紹介します。消費者金融の大きな特徴は、申請から融資までがスピーディである点と、銀行系と比較すると審査が通り安い点です。ウェブ上から申請を行い、仮審査を受けておけば最短で即日での融資が可能というサービスも多く、中には早さを売りにして最短数時間といった超短時間での契約が可能なサービスも登場しています。

次に銀行系キャッシングの特徴についてです。銀行系の特徴は、金利が安いことと安心感があることの2点となります。金利の安さで言えば銀行系に軍配が上がり、より安く融資を受けられるという点が大きな魅力です。しかしながら銀行系キャッシングは、審査のスピードや審査の通りやすさでは消費者金融に劣り、契約までの流れをスムーズに行えないという点がネックとなります。消費者金融系と銀行系、どちらもメリットがありますので、それぞれの特徴を踏まえた上で、利用するサービスを選んでみてください。


話題のカードローンはコンビニで利用可能!

キャッシングサービスキャッシングサービスはカードローン型と振り込み型の2つに大別できます。振り込み型では、希望する融資金額を金融会社へと連絡する必要があり、手間がかかってしまいがちです。これに対してカードローンの場合は、対応しているATMを使用するだけで、限度額までならば融資してもらうことができ、より融資を受けやすくなっています。カードに対応しているATMは運営会社によって異なりますが、大手消費者金融ではコンビニに置かれているATMとも提携していて、より使い勝手も良くなっています。また、返済についてもコンビニに設置されているATMから行うことができたり、銀行口座から自動で引き落としてもらうことができたり、追加で返済することができるなど、より簡単に返済することが可能になっています

カードローンを利用するためには、一度審査を受けた上で、契約を結んでカードを発行してもらう必要があります。一度契約を結んでしまえば追加の融資も返済も、近場にあるコンビニから行うことができますので、あらかじめ急な出費に備えて契約だけを済ませておくといった利用方法も考えられます。急に現金が必要になったけれど、銀行が開いていない、あるいはATMの利用時間外で引き出せないといったケースもありますので、そんなシーンのためにカードローンの契約を済ませておくのも良いでしょう。


消費者金融は手続きが面倒?

融資を受けるためには様々な手続きが必要になります。何も知らない状態から消費者金融を利用しようとした場合には、その手続きの段階で難しく感じてしまい、結局諦めてしまうということもあります。しかし近年では必要な手続きが簡素化してきており、より手軽に融資を受けられるようになってきています。

ATM消費者金融を利用する際に必要となる手続きは、利用の申請、審査、契約、実際の融資という4つです。利用の申請については、ウェブサイト上から仮申請を行うことができ、審査に必要な情報を送信することで融資してもらえるか否かの審査をしてもらうことが可能です。必要情報は、名前と住所、年齢、年収と職業、融資の希望金額です。審査については、利用者側が行動をする必要はなく、金融業者が行ってくれます。審査が通ると利用の契約へと移ることになります。契約の段階では記入を終えた契約書、本人確認書類や所得の証明となる書類を提出することになります。契約を結んだ後には実際にお金を融資してもらうわけですが、送られてきたキャッシングカードを使ってATMを操作し、融資してもらうタイプと、自分の銀行口座へと直接振り込んでもらうタイプの2種類があります。いわゆるカードローンというキャッシングはカードを用いてATMを操作するタイプです。融資までには4つの段階がありますが、利用する人が行うことは審査を抜いた実質3つで済み、このことからも、より手軽にキャッシングサービスが利用できることが分かります。